人気ブログランキング |

<   2007年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

『秒速5センチメートル』

b0065128_2223389.jpg

『秒速5センチメートル』
少人数で作っているというアニメーション。
最初タイトルに惹かれて思わず前売り買っちゃったんですけど、
結果、良かったです。

いやー、なんというか、甘酸っぱいとかそんなんじゃなくて、切ないんです。

→「秒速5センチメートル」とは…
by rui-hadsuki | 2007-03-27 23:22 | animation | Comments(0)

のだめ lesson106 ネタバレ

のだめサロンコンサート開催。

以下ネタバレです。

→ちょっと心配…
by rui-hadsuki | 2007-03-26 00:56 | books〜のだめ雑記 | Comments(2)

のだめ アニメ lesson11 感想

っていうかですね。
こんな小話から。
あの、佐久間さんの声ってどっかできいたことあるんだよなー。
と思ってたんです。
あれ?修ちゃん?
と思って調べてみたんですが、ハチクロの花本先生と同じ声の人なんですね。

藤原啓治さん
ちょっとイメージ違うような。
佐久間さんってもっと芋っぽい(失礼!)というか…そんな感じしたんですよ。
あ、ちなみにデスノの相沢さんもやってますね。
もんちっちデスよ…。

→やっぱり千秋のラフマニノフは秀逸!
by rui-hadsuki | 2007-03-23 16:36 | books〜のだめ雑記 | Comments(0)

mixi疲れ

なんていう言葉が半年前くらいから囁かれていますけど、その原因が表に出てきたかな、という感じなんでしょうか。

こんなニュースを発見。

「あしあと」踏んだら、コメントしなくちゃいけないらしい。
ってこれってmixi内では暗黙のルールらしい。
って誰が決めたんですか(笑)
そんでもってめんどくせーと思った人は退会してしまうらしい。
そりゃそーですよ。

みんな思ってる事だと思うけど、「ロムる」っていうんですよ。
リアルとバーチャルの違いがなくなってくると、こういう現象起きるんだろうなぁと思う。
バーチャルの世界にも「リアル」なルールを持ってきて強制する。
そうするとこういうSNSって途端に形骸化すると思うし(誰も本当に思っていることなんて書かなくなる、建前ばっかりのコミュニケーションになっていくと思うんです)これから先、mixiの様なゆるく管理される感じの"巨大SNS"がどうなっていくのかっていうのはちょっと興味があったりします。

というかね、例えば大学生とかさ、別にサークル内とかクラスのメンバーとか毎日会ってるじゃない。
だったらmixiなんてやる必要ほとんどないんじゃないかなぁと思う。
たまーにリアルに会う友達と「そういや日記にこんなこと書いてあったね」とかいって話題になったりとかそういうのが楽しい訳で。
っていうかmixiでしか繋がってないリアルに会っても話さない友達って「友達」って言うんかい?

コメントもらうのは基本的には嬉しいと思う。
でも、それを義務化したらあんまり生産的ではないように思う。
それでまた「マイミク削除した方がいいんでしょうか?」
とか気にする人もどうかと思うけど、まぁ、そういうのが気になっちゃう人も世の中にはいるんだろうし。
giveの精神よりもtakeが勝るとそうなるんだろうし。
もっと人の器のでかさみたいなもんがあるでしょーが。

バーチャルの世界もたまには楽しいけど、やっぱり一番楽しいのは、実際に会って話をしてっていうリアルが私は一番合ってるんだと思う。

そんなことを考えた次第。
あ、ちなみにこのブログは読み逃げ可ですよ(笑)
そりゃあコメントもらえりゃ嬉しいですけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑ぽちっとお願いします。このブログのランキングがみれたりします。
by rui-hadsuki | 2007-03-23 02:09 | diary | Comments(4)

またクラシックのCDを大人買いする

大人買いという程、お金があるわけではないんですが。
美容院に行って気分良くなっちゃったんですよ。

ついタワレコに行ってしまいまして。
そして6000円以上買うとWポイントなんですよ。
なんでいつも私は6000円以上買ってしまうんです。
去年の夏からポイント貯めてて、ようやく一枚貯まりました。
3000円分で何買おう。
うーむ。
何かBOXのやつを半額くらいで買おうかな。
うーむ。

と、まぁそれは置いておいて。

今日のお買い上げ。
・マルタ・アルゲリッチ 「Chopin: Piano sonata No.2,3他」
・マルタ・アルゲリッチ 「Chopin: Prelude Op.28 他」
・グレン・グールド 「Beethoven: Piano sonata No.8,14,23」
・アンドレイ・ガブリーロフ 「Chopin: Etude Op.10,Op.25 Ballade No.1,3」
・イヴァン・モラヴェツ 「Brahms: Piano Concerto No.1,2」

この五つです。
っていうか買い過ぎ。とも思うんだけど、一枚1000円のが三枚。
クラシックのCDって安いなぁと思う。

→さらっと聴いた感想。
by rui-hadsuki | 2007-03-20 01:16 | music〜classic | Comments(1)

『働くおっさん劇場』

週末に、高校の頃の友達と一年に約一回の餃子大パーチーがありまして。
オタクと腐女子とが入り乱れた感じで、そんなトークが爆発しまして。

私としては結構長い間付き合いがあるにも関わらず(いや、話さなくても「そういう気」があるな、という雰囲気はあったんだと思う)、オ・タークな話をしなかった面子。
でもお互いがお互いにオタクであることはとってもよーく認識しているというちょっと奇妙な空気(笑)

いやー、面白かった。
夢小説とか、ダンパとかレイヤーとか(フォトショップのあれじゃなくて)
私も昔ちょっとゴスロリ的なファッションをしてみたい、と思ったことがあったけど、そういう格好できるのも後一年以内くらいでしょうか、いや、冒険するにも年齢的に、もう無理なんんだろうか、なんて悶々としてみる。

そんでもって、夜に動画サイトの話になって友達が検索した動画にあったのが
『働くおっさん劇場』
あ、そういやこれってこないだうちに来た友達も見てるって言ってたな、なんて思いつつ見る。
っていうかですね、やばい面白いです。

Wikiだとこんな感じ。

40代から50代の「おっさん」が「ワンランク上のおっさん」を目指すため、あらゆるスポーツや遊びを実践し、男を磨いていく。その報告を受けて、松本人志がダメだしをしながら採用・不採用を決める。通称「おっさん教育バラエティ」。

っていう文章だけ見るとよくわからない番組なんですが、
なんつーか、朝7時までこの動画を四人で見ていて、次々と私の周りの見ている人々が笑いすぎて倒れていくんです。
そのくらいの破壊力がある番組。
疲れ果てた友人が、何故か顔は笑っていて、10秒くらい痙攣した後に深い眠りに落ちた瞬間、「おっさん」すげーよ、なんて思ってしまいました。

なんつーか、こんな「おっさん」同じ電車の車輌とかにいたら嫌だよ。
絶対乗り換えますよ。

Wikiだと野見さんの紹介文まである。

ちなみに今週で放送終わってしまうらしい。
浅見さんの登場でレギュラーおっさんの関係が崩れつつあるからでしょうか。
いやー、松本人志はすごいね。
だってこの番組絶対面白いもの。

そんなこんなで完徹してしまった週末でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
↑このブログのランキングが見れたりします。ぽちっとお願いします。
by rui-hadsuki | 2007-03-19 16:27 | diary | Comments(0)

のだめ アニメ lesson10 感想

マングース!!!マングースですヨ!
ラプソティ・イン・ブルーですよ!

→だんだんテンポがよくなってきてますネ。
by rui-hadsuki | 2007-03-16 02:58 | books〜のだめ雑記 | Comments(0)

ドラえもんスタンプスタンドコレクション(プレイセットプロダクツver)

b0065128_03659.jpgトップページ見る限りわかると思うんですが、
モダンペッツ好きなんですよ。
b0065128_031782.jpg


→近所のスーパーにて驚愕する
by rui-hadsuki | 2007-03-16 01:32 | play set products | Comments(0)

手作り同盟活動報告 その3

b0065128_20223142.jpgえー、この活動も三回を迎えました。
いや、実際は倍ぐらいやってるんですよ!
でも、こうやって活動報告できる程でもなかったりするんで、とりあえずまとまった感じで報告してます。

今回はちゃんと刺繍しました。
写真はクロスステッチの図面なり。
奥にちょこっと見えるのが友人の制作したタワー。

→やっと刺繍にとりかかる
by rui-hadsuki | 2007-03-15 20:33 | 手作り同盟project | Comments(0)

イヴァン・モラヴェツというピアニスト

またまたクラシックの話題なんですが、
好きなピアニストを五人挙げて下さい、と言われて名前が挙がるのは

・アレクシス・ワイセンベルク
・マルタ・アルゲリッチ
・マウリツィオ・ポリーニ
・サンソン・フランソワ
・イヴァン・モラヴェツ

その中で今回はモラヴェツの紹介を。

→やわらかい音
by rui-hadsuki | 2007-03-14 17:09 | music〜classic | Comments(0)