カテゴリ:music( 36 )

キリンジ新曲『セレーネのセレナーデ』

b0065128_12525816.jpgキリンジの新曲がいつの間にか出てました。
『セレーネのセレナーデ』
うん、いかにもなタイトル。
そして作詞、作曲は高樹さん。
配信限定なので、歌詞の詳細がわからないのが残念なんですが、
お盆も過ぎてちょっとこれから涼しくなってくるかなぁというのにぴったりな感じの曲でした。
最初の口笛はより響きをよくするために唇にサラダ油を塗ったらしいですよ(笑)
こういうのってやっぱり効果あるんですかね。


i tunes storeを久しぶりに覗いてみたんだけれど、
他にもキリンジの曲が沢山配信されてるのにちょっとびっくり。
配信に関して積極的なアーティストって増えてきてますけど、便利な世の中になったもんだよなぁと思ったり。
因みに買おうかなぁと迷っていた、『埴生の宿』と『遠い世界に』『もしもピアノが弾けたなら』もあったのでついでにダウンロード。
プレイリストにしっかり入れて、キリンジオンパレードな感じのこの頃です。

そして、今年はキリンジとしての活動よりも、
ソロをまたやってくらしいお二人。

馬の骨のツアーが決定しましたね。
11月にツアー決定。
5日の渋谷クラブクアトロにするか、それとも千秋楽27日の渋谷AXにするかはちょっと悩みどころ。
でも、箱の大きさで考えるとやっぱりクアトロかなぁ。
シングルもでるみたいですね~。
9/9のi-radioで聴けるらしいので、こちらも楽しみです。

高樹さんの新バンド、the granola boysはまだ全然聴いてないんだよなぁ。
ワールドハピネスに出ることは知ってたんだけど、いろいろと他にも予定があって行けなかった…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

今年も下半期はなんだかキリンジ漬けになりそうだなーと思っている私にクリックお願いします!
[PR]
by rui-hadsuki | 2009-08-14 15:21 | music

キリンジインストアイベント@タワレコ新宿店

待ちに待ったキリンジのイベント行ってきましたよ~。
なんか緊張して手が震えたよ。

初めてこういうイベントで手にした一桁台の番号。
よくライブのチケットで一桁台を手にしたと思っても、
「アルファベットがある人から先に入って下さい〜」
的な騙しはないですよね。
ですよね?
と思いつつ足を運ぶ。

うん、ちゃんと正面ゲット。
いやー、感無量。

→キリンジお二人のお正月
[PR]
by rui-hadsuki | 2009-01-10 23:27 | music

KIRINJI 10th ANNIVERSARY PREMIUM LIVE 2008@中野サンプラザ

キリンジのライブ行ってきましたよ~。
いそいそと席に行ったんですが、ちょうど機材の後ろだったのもあって、係の人から前の席に誘導されたので、
ちょっと前の席になれてそれはそれでラッキーでした。

いやー、客席は満席!
こんなに人が入ってるコンサートも久しぶりに観たなーという感じ。

MCも含め、大満足でしたよ。

個人的ベスト3
1、メスとコスメ
兄がカッコイイ
2、the echo
兄のギターの速弾きがカッコイイ
3、Love is on line
ヤスの美声がすごいよかったですね~。

→個人的にはメスとコスメが聴けてとっても満足でした
[PR]
by rui-hadsuki | 2008-12-21 23:46 | music

本日のお買い上げ@タワレコ新宿店

久しぶりにCD購入。

本日のお買い物リスト
キリンジ 「KIRINJI 19982008 10th Anniversary Celebration [Best of] [Limited Edition]」
b0065128_181664.jpgキリンジのCDは必ず予約して買うというスタンスの私。
このベストアルバム、「星座を睫毛に引っかけて」のみが新譜になるんですが、それでも買う。
それが愛(笑)
そして、早くに予約していた愛情が吉と出たのか、インストアイベントの整理番号が一桁台でした。
いやー、中野のライブのチケットがファンクラブ会員にも関わらず、あんまり前列でなかったにプチ落ち込んでいたのが払拭されました。
うん、たまにはいいことあるもんだ。

ということで、ベスト版なんですが、兄作曲、弟作曲と分かれていて、聴き比べてみるとまた新たな発見があるような。
うーん、どっちも好きなんですけど、やっぱり高樹さんの曲の方が好き。
という高樹派だということを改めて認識した一枚でした。

空気公団「メロディ」
b0065128_115201.jpgキリンジの新譜の隣に何気なく置かれていてすすすーっと吸い寄せられるように手に取った一枚。
ええええ、知らない間に新譜出てたのか。
早速聴いてみる。
空気公団の曲って冬に似合うんですよね。
おこたで聴いてもいいし、晴れた朝に白く煙る息を感じながら聴くのもいいし、夜空の星を見ながら聴くのもいい。そんな雰囲気が変わらずでなんだか嬉しくなりますね。
「隙間の雨にさよなら」が好き。
雨ソングってなんでも好きだったり。
(でも晴れた日に聴きたいという天の邪鬼)


ラザール・ベルマン:ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番/カーネギー・ホール・ライヴ
b0065128_1222254.jpgクラシックのCDも一枚購入。
これは二枚組で尚かつ1890円とお値段もお手頃。
ベルマンはブラームスのピアコン一番で、いいなぁと思ってはいたんですが、あんまり録音がないというのもあって聴く機会がなかったんですよね。
アバドとのラフ3が目当てだったんですが、ショパンの葬送が結構気に入ってます。
個人的には第4楽章の細かい旋律をこんな綺麗に弾く人がいるんだなーとちょっとビリリっときました。
今調べてみたらBoxが出てるみたいなんですが、購入するか悩むところ。
うーん、どうすっかなー。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

そんな感じで、結構良い買い物したなーと満足な私にクリックお願いします。
[PR]
by rui-hadsuki | 2008-12-09 23:50 | music

再結成だよサニーデイ

サニーデイ・サービスが再結成するということで…。
いやー、いやー、なんだよー。

嬉しいじゃないか!!!!!!!!
という喜びを噛み締めるのも束の間。
最初のライブはRSRでやるとのこと。
えええええええええーーーーーーーーー。
北海道とな。
遠いぜよ。

でも、99年の夜明けとともにサニーデイってRSRの伝説というかなんというのか。
それがまた再現されるんだったらすごくいいよなぁ。
お金があるなら行きたい。
もう飛行機代とチケット代だけでもう予定外ですよ。

そうかー、
再結成後最初にやる曲はなんなんだろうなぁ。
やっぱり夏だし「サマーソルジャー」とかやるだろうなぁ。
「恋におちたら」と夜演奏するなら「夜のメロディ」だろうなぁ。

あー、サニーデイの曲、生で聴いて泣きたい。
「愛と笑いの夜」のアルバム聞いてた学生時代が懐かしいよ…。
というか、もうなんでもいいんだけど。
東京でもライブやる予定あるんだろうか…。

ということで(めちゃくちゃベタですが)今日のレコメンド
サニーデイ・サービス
「東京」

ブログランキング・にほんブログ村へ

ということで、なんか浮き足立ってる私にクリックお願いします。
[PR]
by rui-hadsuki | 2008-07-28 17:05 | music

Augusta Camp 2008~10th Anniversary~@西武ドーム

クラシックばかり聴いてる私が必ず行くイベント。
今年も行ってきました。
Augusta Camp
今年で参戦は3回目なんですが、相変わらずアットホームなお祭りという雰囲気が良かったですね〜。
以下ネタバレも含みますので、大阪に参戦される方は観ない方がいいかも。
お楽しみも兼ねてますので、出演順はばらばらに記載にしてますよ。

→オリンピックも兼ねての演出って感じなのかな
[PR]
by rui-hadsuki | 2008-07-26 23:38 | music

6/14 KIRINJI 10th ANNIVERSARY TOUR 2008@渋谷C.C.Lemon hall

普段クラシックばっかりしか聴かない私が、唯一ツアーがあれば毎回行ってるアーティストがキリンジ。

今日もわくわくしながら行ってきましたよ〜。
といっても二階席の一番後ろという、狙ってもなかなかとれない様な席だったんですけど(笑)

→やっぱキリンジはいいです
[PR]
by rui-hadsuki | 2008-06-14 23:21 | music

KIRINJI PREMIUM LIVE 2007@日比谷野外音楽堂


キリンジライブ行ってきましたよ〜。
天気も良くて、風がほどよく吹いてて、すごくよかったです。

今回は新しいアルバムが出たというようなツアーではないんで、選曲も多彩だし、
アレンジもよくてむきゃーと喜んでました。

→エイリアンズに泣く
[PR]
by rui-hadsuki | 2007-09-18 00:52 | music

「Nebulosa」

たまにはクラシック以外の話題もさ。

ということで、
GWは熱狂の日ということで、クラシックが今年も熱いみたいですが。
私はお祭りも好きなんですが、特に魅かれるソリストがそれほどいなかったというのもあって、チケットは購入を見合わせました。
楽しまれた方のレポートを見つつ、雑誌とかみつつ今後の参考にしようかと思ふ。

私は一昨日はフリマをして、手作りの厳しさを知り。
それから昨日は友人と桃鉄(PS2の全国篇とUSA両方やる)で完徹。
朝六時くらいに青梅をチンタラ自転車で走って帰ってきました。
そして本日は、家の片付けとか洗濯とかしつつ、部屋のしばらく放置しておいた、ランプシェードを作ろうと、型紙を作ってました。
明日は布をちょきちょき、ちくちくという作業でしょうな。


b0065128_1402688.jpgと、そんな感じのゆるーい感じの休日だったんですが、
発見が一つありまして。
友人の家で、偶然発見したCDのジャケット。
Tenorio Jr. 「Embalo」
実は私の相方が持ってる物と同じで。
相方はボサノヴァ好きなんで、これうちの相方が持ってるよ。
というと、「これうちの(大学の)サークルでは有名なんじゃなかったっけ?」
という反応。
んん?サークル室で流れてたっけ?
なんて思ってかけてみると、確かに聴き覚えがあるんですな。
特に3曲目。「Nebulosa」なんかヘビロテでかなりかかってた気がする。
一応このアルバムはJazzみたいです。


ということで懐かしい気分に浸ったひととき。
大学の頃を思い出します。

そういえばボサノバってエクセルシオールとかでかかってるイメージが強くて。
というか、なんだろね、なんかボサノバって凄くここ3年くらいの間にイメージが変わったような気がするぞえ。
なんかおされーな物として扱われてたり。
本来そういうものでもないような気がするんですが。

音楽の力って怖いですね。ホントに。
ipodのようなMP3プレーヤーが浸透するにつれて、そういう「音楽を聴く」という行為に「ジャンル」という住み分けっていうのが実質崩れてきてもいいような気がするんだけど、やっぱりメディアの力っていうのがまだまだ強い、ということなんでしょうか。
「こういう人たち(ファッションとか文化的嗜好とか)はこういう音楽を聴くよ」
みたいな、垣が除かれてないような気がします。

私の周囲には比較的雑食的な人も多いんで、(というよりも、あまり音楽を聴くという行為に対しての偏見がないのかもしれないですが)いろいろと教えてもらうことの方が大多数なのかな。
私は音楽に関しては結構聴かず嫌いではいたくないと思ってるんで、とりあえず相方のボサノバから聴いてみようかな、とか思ったりもしました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
↑クリックすると、このブログの現在順位が見れたりします。
[PR]
by rui-hadsuki | 2007-05-06 01:46 | music

マカロニグラタン

あの声が耳について離れないんです。

長澤知之「マカロニグラタン」
この曲、去年オーガスタキャンプに行った時に前座でやってたんです。

長澤さんって22歳らしいんですが、なんというか歌詞がとっても古いんです。
私よりも齢が若い人が歌ってるとは思えないくらい、
なんというか、中島みゆき?いやさだまさしか…みたいな。
フォークの匂いがします。

悪いわけではないのですが、
♪まかぁ〜ろ〜に まかぁ〜ろ〜にぐ〜らた〜んうぉ♪
という感じの呪文の様な歌詞。
耳に残ります。
そう言う意味で一聴の価値あり。
[PR]
by rui-hadsuki | 2007-02-27 02:09 | music