クリスチャン・ツィメルマン&チョン・ミョンフン~東フィル@サントリーホール

ツィマーマンのピアノ楽しみにしてたんですよね~。
他の演目も聴き応えありそうな感じだったので、それも楽しみだったのですが。

演目
メシアン:ほほえみ
ルトスワフスキ:ピアノ協奏曲
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」

ピアノ
クリスティアン・ツィメルマン
指揮
チョン・ミョンフン

です。



・ツィマーマンのピアノ
ルトスワフスキの協奏曲。
20世紀に入ってからの作曲家はあんまり勉強していないもので、パンフレットで詳細みるまで誰?という感じだったんです(すみません)
解説を見て、この曲はツィマーマンのために書かれたということを読んで、
おお、これはなんかいいもの聴けそうだ、そして予習しなかったことに一抹の後悔を感じたりもしました。
演奏は本当によかったですよ。
が、前日あんまり寝てなかったのも祟って(オイ)
後半5分くらいうつらうつらと…。
なんかもったいないことしたなー。ホントに…。
ちゃんとこの曲聴きたいのでCD借りてこよう。

・悲愴
悲愴を今年聴くのは二回目。
悲愴って聴くとなんだか泣きたくなるんですよね。
今年は小澤征爾&新日フィルで聴いて以来ですが、今回も泣きそうになってしまった。
そして今回初めて聴くんですが東フィルっていいかもと思いました。
いやー。なんていうんでしょうか、第四楽章の消え入るような終わり方に拍手の前にもうちょっとだけ余韻に浸っていたいような気分になりました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

ということで、最近の予習不足を克服すべく、演奏会の前には極力予習をしようと思った私にクリックお願いします。
by rui-hadsuki | 2008-11-20 23:04 | music〜classic
<< オノナツメ『リストランテ・パラ... ポトフを作る >>