人気ブログランキング |

『東京マーブルチョコレート』を観る

b0065128_1362133.jpg『東京マーブルチョコレート』を観る。
いやまぁ…。
中村悠一が出てるし。
プロダクションIGだし。
それに、OVAなんです。
プロダクションIG20周年企画だし。
韓国の映画祭で賞をとったみたいだし。
スキマスイッチの「全力少年」好きだし。

単に中村さんの声に飢えていただけという私の心の声もありますが。

いろいろと期待してたんですよ。

ネタバレあります。
かなり辛口です。





・正直な話をすると。すごくがっかりしました。
折角のOVAなのに。
なんかもっと自由にやれそうなのに。
なんでこんなに保守的なんでしょうか。
物語がまずい。
恋愛ものだっていうから、んー、どうなんだろな。
と思う部分もあったんですが、これって80年代の量産され尽くした少女マンガ的というか。
なんかバブルを体験した人しか共感できないなにかというか。
キャラクターのどっちにも共感できないというか。

・その前に「秒速5センチメートル」を観てたのがさらによくなかった…。
あの映像の背景の既視感というかそういうものと比べてしまうと更にまずい。
あれを一人で作ったというのと、これを大人数で作ったというのを考えてしまうと更にまずい。
あの色鉛筆で描いた様な絵が味があるといえばあるのかもしれないけれど。
ポニョといい、なんか最近のアニメの流行なんでしょうか。
折角のOVAなのに!
なんでこんなマーケティングされたようなベタなストーリーに、流行の絵(というか背景)。
キャラクターデザインとかはコアなファンがいるであろう巨匠少女マンガの谷川さんですが。
今の20代に支持する層がどんだけいるんでしょうか。
なんかここらへんちぐはぐだな。というか…。
一緒に観ていた旦那はキャラクターに怒りまくるし、
その友達は「オレもう帰っていい?」なんて途中で言い出す始末だし…。
観てる途中にこのDVDを手に取ってしまった自分に冷や汗をかきました…。

・うん、でも中村さんの声が聴けたからいいや。
これでまとめるしかないんですよ。
中村さんはよかったですよ。実に。(私の好みがひじょーに入り交じってますが)

・でも一般ウケはする作品だとは思うんです。
説明は実にしつこいくらい丁寧だし。
最近ヒットしている一般的な邦画とかを観ると、なんでこんなに説明しないとわからないかなー。
とか、こんなベタな設定だけどいいのかなー。
とか、なんかいいのかなー。と疑問符ばかりの作品が多いんですけど、実際にみんな観ていたりするのも事実だったりもして。だからそういう面を考えると、いろいろとマーケティングして、オリジナルで作ってみたらこういう作品ができました。
という制作会社なりのアプローチなんだろうな、という風に受け取りました。

うーん、今度観る予定の「Genius Party Beyond」に期待です。
スタジオ4℃がなにかやってくれるはず。
去年のはすごく面白かったからな〜。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ということで、制作プロダクションの質とかやりたいこととかの方向性とかがなんか見えた様な気がしてしまった私にクリックお願いします。
by rui-hadsuki | 2008-10-04 23:57 | animation | Comments(0)
<< クラシック検定@マジックアカデミー ヴァームのちから >>