梅酒を作る2008

ということで、梅酒を作るのも三年目。
去年蜂蜜で漬けて失敗したのもあるので、今回は、フツーに氷砂糖を使いました。

b0065128_23125137.jpg
が、灰汁抜きを忘れたので。
(本来ならば水に2時間程度漬けて灰汁を抜く必要があるらしい)
あんまうまい梅酒にならなかったらどうしよう…。

今年は、ブランデーとホワイトリキュールと二種類作りました。
三枚目の写真の手前の濃い色の方がブランデーです。
また9月の十五夜くらいに飲めるといいなぁ。


まだ梅雨も夏もまだだっていうのに、秋の話をしてたりします。
こんなんでいいんでしょーかね。

b0065128_2313271.jpg
梅酒を漬けるときのコツは
・漬ける瓶は清潔に。

前もって、洗って天日干しして乾かして、更に瓶の口にアルコールを薄く縫っておくと、カビる心配が少なくなるので、その方が良いのではないかと思ってます。

・梅の実は"ほし"(ヘタみたいなやつ)を丁寧に取り除き、水分を拭きとります。

これもカビと腐蝕防止みたいです。
爪楊枝みたいなやつで丁寧に取り除きます。
この際に傷んでるやつは思い切って捨てた方がいいです。


b0065128_23131472.jpg・あとは、梅、角砂糖、梅…で最後に角砂糖になるようにサンドイッチします。

といっても最後にリキュール注ぐと結局梅が上に浮いてしまうんですが。
砂糖が下に溜まりやすいので、たまに瓶を軽く振ってかき混ぜてやるといいみたいです。そのうち梅が下に沈んできます。
そしてあとは待つだけ。

手間もあんまりかからず簡単に漬けられる果実酒は他にもいろいろトライしてみたいです。


友達はウィスキーと黒糖で漬けたっていうし、いろんな梅酒の飲み比べを是非したいこの頃。
これから食欲の秋が楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

その前に夏も楽しもうよ!と突っ込みついでにクリックお願いします!
[PR]
by rui-hadsuki | 2008-06-02 23:23 | cooking
<< そば粉のクレープ〜Nos An... 『天然コケッコー』を観る >>