『恋の門』を観る

b0065128_1640196.jpg『恋の門』を観る。
この作品を観るきっかけになったのって、
安野モヨ子さんの「監督不行届」を読んでて、”Wあんの”が出演しているらしいという情報から。
注目のシーンはというと、本に載ってた通りで、爆笑してしまいました。
ということでネタバレあります。





・はっちゃけ感が面白いです。
ストーリー自体がなんだかはっちゃけてて、それが一番面白かったんですけどね。
石の漫画家って…。
セイキ様って…。
とりあえず、笑えます。
出演のレイヤーの方達はコミケでスカウトした方達だそうな。
なんというか、本場でしたね。

・松田龍平はなんでこんな役やってもかっこいいんでしょうか?
吐いてもコスプレしても、かっこいいのはなんでなんでしょうかね?
うーん、不思議だ。

・松尾スズキが得してる映画。
毬藻田役の酒井若菜との絡みを観ると、そうとしか言えない。
まぁ、監督だし、いいのかな。

・”Wあんの”さんの出演シーンのモヨさんの呆れ顔には漫画で書かれてた通りだと納得しました。
うん、その通り。
ほんとーに一瞬なんですが、そのシーンを観た途端全てを納得してしまいました。
モヨコさん。お元気になってくださるといいのですが。
人間、休むのも大事。ゆっくり休んでください。

・ちなみに原作はまだ未読です。
旦那は原作の方が面白いとは言ってたので、読まなきゃなぁと思いながら、まだ読んでません。
近いうちに読もう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

思いっきり腹を抱えて笑ってしまった方、ほくそえむように笑ってしまった方もクリックお願いします!
[PR]
by rui-hadsuki | 2008-05-27 16:30 | movie
<< ロッテルダム・フィルハーモニー... 『街のあかり』を観る >>