『探偵物語』テレビシリーズを観る

b0065128_105774.jpg松田優作のテレビシリーズ
『探偵物語』を観る。
全部で27話。1話45分だから…
約20時間半。
確か一週間で観たはずだから、よく頑張りました。
という感じ。
ドラマは時間がかかるんで、よく考えてから借りた方がよかったですね。
でもこれに懲りずに銀河英雄伝説が観たいと思っているこの頃。
(あれも長いな~)





・テレビの黄金期の匂いを感じます。
第1話からとばしまくりで、カースタントだったり、観ていて飽きないですね~。
一番、テレビ番組にお金がかかっていた時代っていう感じがします。
それと、表現方法だったり、今ではNGだろ!っていう部分が満載で、そういう部分がまた面白いというか。
これはあれに引っかかるとか、それはこれでダメとか。
最近のドラマはそういう制約が多くなったのかなぁという印象を受けます。

・監督の色が出ますよね。
2クールもあるドラマ。
今は3ヶ月1クールが主流の中で昔は結構長くやってたんだなぁとかそういうところにもびっくりしたりして。
キャラクターの設定のみを残して、いろんな人が監督をやったり脚本を書いてます。
そういうドラマって面白いですよね。
脚本家は今がチャンスだとばかりに一番いいものを出そうと頑張ると思うので、面白い才能を見つけるにはこういう方法ってすごくいいと思うんです。
おんなじ探偵物でいうと、濱マイクなんかもそうなんだと思うんですが。

・とはいえ、やっぱりあんまり面白くない回もあったりして。
Vol.5の辺りから結構話がぐだぐだなものとかもあったりして…。
当時は視聴率が良くなかったとか。
21時だいでも、「夜遅い」枠に入っていたということは、今の22時が主流のドラマって…。
本当に日本人は夜型になったんですね~。というかみんな睡眠足りてるんだろうか…。
とまぁ、それは置いといてですね。
山なし、おちなし、(意味なしとまではいきませんが)という感じの回が二回も続くととっても辛い、1時間ドラマ。
でもやっぱり面白い脚本のときは、面白いんですよね~。
ここが監督、脚本の力とでもいうんでしょうか。

・松田優作がかっこいいんです。
いやー、足、長っ!
っていうのが、一番びっくりなんですが。
なんかシルエットがルパンみたいなんですよね。
カウボーイビバップのスパイクは松田優作がモデルらしいんですが、モデル自身のシルエットがとってもアニメっぽい。
あの独特のしゃべりかたといい、煙草の異様なライターの火といい。
うーん。あのキャラクターありきの物語ですよね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

そんなこんなで一週間で全話みた私にクリックお願いします。
ちょっと疲れました…。
[PR]
by rui-hadsuki | 2008-05-23 10:10 | movie
<< 『ブラック・レイン』を観る 『スキャナーダークリー』を観る >>