人気ブログランキング |

『ダフトパンクエレクトロマ』を観る

金曜の夜に友達にレイトショーで観てきました。
いや、なんというか、なんの感動もないというか。
初めて映画館で寝たよ、という意味では衝撃がありました。

ダフトパンクが好きな人は見ないほうがいいような気がする。

私の感想は基本的にネタバレあります。




なんというか、金曜の夜に、21:30とかに始まるからさ、
お腹とか減るじゃない。
だからご飯食べてちょっと酒飲んでから行ったのがいけないのかもしれない。

いや、でもそんなこともないような気がする。

館内はガラガラで。
そんでもって友達も前半20分を過ぎたくらいですやすやと寝息を立てていました。
私も寝ないように頑張ったんですが、砂漠のシーン辺りから一匹目が爆発するまでの記憶が飛んでます。

内容はというと、人間になりたい二人のロボットが人間っぽい感じの顔を作ってもらうんだけど、それが太陽の熱で溶け始めて、それに絶望した一匹目が砂漠で自爆スイッチを押して、そんでもってひとりぼっちになったロボットがヘルメットを自分で割って、太陽の熱で自分を燃やして火達磨になって歩き回って死ぬ。と言う感じ。

なんというかね、1時間くらいしかない映画なのに、なんでこんな眠いの?
テクノを聴いてると眠くなるという現象に似てたりするの?
ダフトパンクが作ってるといっても、音もほとんどないし、一コマ一コマのカットが長すぎてヒジョーに観ているのが辛い作品でした。

あれがフランス映画なんだよ、と言われてしまえばそれまでなんですが。
確かにSFの設定はそれなりにされているとは思う。
街の風景とかはアメリカンな住宅地だし。そういう部分はあぁ、確かにな、と思える部分があった。
でも顔が溶けるという設定がチープすぎるというか。
まぁ、有名になっちゃうとなんでもできちゃうよ、ということなのかもしれないですが。
レビューとかを読んでる限り結構酷いもんだったんで、期待もしてなかったんで、そこまで酷評はしません。
というか、今から観にいこうかなという感じの人は心して観て下さい。
寝なかったという感想を待ってます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
↑こんな映画のレビューなんですが、よかったらポチっとお願いします。
by rui-hadsuki | 2007-05-26 09:50 | movie | Comments(0)
<< のだめ アニメ lesson1... のだめ lesson108 ネ... >>