人気ブログランキング |

イヴァン・モラヴェツというピアニスト

またまたクラシックの話題なんですが、
好きなピアニストを五人挙げて下さい、と言われて名前が挙がるのは

・アレクシス・ワイセンベルク
・マルタ・アルゲリッチ
・マウリツィオ・ポリーニ
・サンソン・フランソワ
・イヴァン・モラヴェツ

その中で今回はモラヴェツの紹介を。





といっても、あんまりネットサーフィンをしても情報がでてこないのです。
チェコのピアニストということはわかっているんですが…。
日本に客演にきたりしたことはあるんでしょうか…。
っていうかNHKで2/25にモラヴェツの特集してたらしいですよ!
普段テレビとか全く見ない私にはこんな情報皆無でしたよ!
うーん、そのうち再放送してくれないもんでしょうか(涙)

私がモラヴェツというピアニストを知ったのは、ブラームスのピアコン2番に凝っている頃、いろいろな録音を手当たり次第に借りて、その中でとりあえず流して聴いていたときに、こんなブラームス聴いたことない!
と思って、奏者を確認したらモラヴェツだったというもの。

なんと表現したらいいのかわからないんですが、
ワイセンベルクやポリーニが硬質な感じのクリアーな音。
そしてアルゲリッチが汗の飛び散るような情熱的な音。
フランソワはラヴェルの曲が一押しですけど、多彩な色彩豊かな音。
とすると、
モラヴェツはフランソワにちょっと似ているような気がします。
でもフランソワが気まぐれな思春期の女の子をイメージするのに対して(あ、これは勝手な私のイメージです)、モラヴェツの音は母親のような、柔らかな色彩感があります。
柔らかな曲線を描いて、ファンタジックな夢が見れそうな。
あ、なんか言葉がおかしいですね。

ということで、今日のお買い物。
モラヴェツのベートーヴェンのソナタ

アマゾンにて購入。
4大ソナタですね。
「熱情」「悲愴」「月光」「告別」
月光の第三楽章マニアとしては即買いの一品。

いろいろと情報を集めたらまたUPします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
↑このブログの順位が見れたりします。 ぽちっとお願いします。
by rui-hadsuki | 2007-03-14 17:09 | music〜classic | Comments(0)
<< 手作り同盟活動報告 その3 のだめのDS >>