人気ブログランキング |

のだめ アニメ lesson6 感想

最近アニメのレビューの記事が遅くなってます。
頑張ります。



今回はコンバスの桜ちゃんのお話。
なんだけど、なんつーかエピソード省きすぎじゃないですか!?

だって、のだめと千秋で説得しに行った時に、千秋が怒鳴るだけで、解決しちゃうってそんなのありですか!?
あそこで桜ちゃんが登場して
ヴァイオリンを「全部売って!」と叫ぶから、話に締まりができるというか…。

そんでもってちゃんと練習できる時間が出来たから、それまで邪険にしていたカーくんから「うまくなったね」と言われて、ラブが生まれるんですけど、それがすっとばされて、いきなりこいつら付き合ってるよ!みたいな感じになってるし…。

というか、桜ちゃんってエピソード的にまだ引きずるんですかね?
私的には、Sオケ続けたいっていう発言をする手段として彼女が必要、ということなんだと思ってたんで、今回限りで出てくる事はないんじゃないかと思ってたんですが…。

前回の回が間延びし過ぎてた分、今回はなんじゃこの省き具合は!と思ってしまった次第…。
それとちょっと残念だったのが、のだめが風呂を借りにくるシーンとかも削られてましたね。
というか、全体の構成的にアンバランスな感じがしてしまうのは私だけでしょうか。
大切なエピソードを省いてて、そんでもってなんかテンポが悪いなぁと思ってしまう。
コタツの回がスルーになるのはわかるんですけど、
ハチクロの時のDVDみたいに特典でコタツの回とか是非番外編として入れて欲しいと思う。
もうDVD全巻予約した身としてはひじょーに切望します。

そんな感じで次回、一番力を入れたんじゃないかっていう感じの「プリごろ太」登場ですな。
二ノ宮先生が話を書き下ろしているらしいので、期待しましょう。
by rui-hadsuki | 2007-02-16 02:45 | books〜のだめ雑記 | Comments(0)
<< N響定期公演Cプロ のだめ lesson103 ネ... >>