「敗因はこの私!」

by スラムダンクの田岡茂一

ということで豪州戦です。





私はあんまりサッカー詳しくないんで専門的なことは何も言えないんですが、
試合始まって1点入っても、なんだか勝つ気がしない試合でした…。
後半でまぐれじゃなく、追加点入れないと次のクロアチア戦で勝てる感じがしないというか。

攻める人があんまり積極的じゃないな、と思ったし。
高原がゴール前でパスしたのは、なにやっとんじゃー!!!!と叫んでしまった。
ドリブルでぬけるやろー!!!!(素人の台詞)と思ってしまった。

試合が終わった後に宮本にインタビューしてて、なんだかかわいそうで泣きそうになってしまった。
ボールを相手側にキープされる時が多くて、DFはかなりの負担だったじゃないのかなぁ。

川口は3ゴール入れられたけど、かっこよかったです。
点数入れられて、DFって点を取りに自分ではなかなかいけないから、精神的に辛いなぁと思う。
サッカーはチームプレイなんね。

なんだか試合を見た後、監督の采配の差があるんじゃねえべかなぁとか旦那と二人で話してたりして。サッカーとは関係ないのだけれど、スラムダンクの田岡茂一の潔さが今思うとかっこええなぁと思ったのでした。
そして安西先生のように、どんな状態でも「勝つ」采配をするっていうのが名匠なのだとも思いました。

うーん、残念。もっと選手のいいところを引き出して試合を終わって欲しかった。
[PR]
by rui-hadsuki | 2006-06-13 10:14 | diary
<< 梅酒 餅月 あんこ『ドラネコシアター... >>