人気ブログランキング |

森田信吾『駅前の歩き方』を読む

b0065128_1725934.jpg『孤独のグルメ』のドラマも二期やるそうじゃないですか。
観た後にゴロ〜♪ってあの曲が頭から離れなくなるんですが、どうしたらいいんでしょうか。
そして松重さんが五郎さんにしかみえなくなってくるというマジック。
と、前置き長くなりましたが、今日紹介するのは孤グルではなくて…

森田信吾『駅前の歩き方』

あ、なんか今は『駅前グルメの歩き方』ということで新作が一つ入った新装版が出てるようですね。
うーん、どうしよう、買うべき?
B級グルメといえばB級なんですが、テーマは「常食」その土地の人がこの土地にしかないよ、なんてことも知らずに食べてるものっていうことなんですかね。
今では有名になってしまった「常食」もありますけど、日本てまだまだ知らない食べ物とかってあるんだなぁと思わずうなってしまった一冊です。
ネタバレありますよ。




・あらすじざっくり
若き人気小説家、花房徹は歴史、時代小説もこなす作家で、
そのための取材として地方へ行く事がたびたび。
その取材旅行先でその土地の人達だけが食べている「常食」を探す事が楽しみの一つなのである…。という感じ。
この小説家の先生と編集担当との気の合わなさ加減たらないわwww
編集担当は土地の高級料理みたいなものを食べたいんだけど、先生はそういう気分じゃないし。

・ラインナップは…
 長野県伊那市のローメン
 静岡県静岡市のかき揚げそば
 秋田県秋田市のババヘラアイス
 群馬県大泉町のブラジル料理
 静岡県富士宮市の焼きそば
 長崎県長崎市のトルコライス
 埼玉県行田市のふらい&ゼリーフライ
 大阪府大阪市の夫婦善哉

とこんな感じなんですが、
富士宮やきそばなんかはかなりご当地グルメとして一般的になりましたね。
夫婦善哉なんかは同名の小説でご存知の方も沢山いるのではないでしょうか。

・私のお気に入りは
トルコライス!
トンカツ、ピラフにナポリタンとなんか全部のせみたいなメニューなんですが、お腹すいてるとおいしそうにみえるから不思議。
前に洋食屋のランチで見かけたことがあったんですが、何故か売切…。
地元の長崎でもあんまりないものなんですかねぇ。
どうなんだろう。
私の田舎では特に「常食」と言えるようなものはなかったと思うので、
こんな「常食」ありますよというのがあれば是非教えてもらえると嬉しいです。
そういう「常食」が沢山あればきっとこの本もう一冊くらいできるんじゃないかな…。

・地元の人達は「景色」みたいなもんだから大事に思ってない。
という台詞にちょっとさくっと胸に刺さるものがあったり。
食だけじゃなくて、他の自然とかもそういう面があったりとかもするんだとは思うんですよね。
地元の人達が環境保持につとめている人達ばかりなのかといえば、産業がなければお金も入ってこないから、新しく何かを建設するために自然を壊したりとか。
一方で自然を守るとか、逆の運動もあったりして。
人っていろんな利権が絡んだ途端に簡単には生きられなくなってしまうから。
でもなぁ、どっちもどっちでどちらも「一理ある」という中でどちらを選択するかということなんだろうなぁと。
というか、こんなグルメの話でこんなさくっときちゃっていいのか、なんか方向性間違ってないかwwww
食に関するものもそうだと思うんですよね。
でもなぁ大事にされるようになるとまたそれはそれで「常食」ではなくなってしまうんだろうな。というジレンマに悩まされたりもします。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村

グルメ系の漫画を読むとお腹が空きます。というのはデフォですよね。
ということでよかったらクリックお願いします!
by rui-hadsuki | 2012-09-13 12:17 | books | Comments(0)
<< 大谷アキラ『ツール!』を読む 荒川弘『銀の匙〜Silver ... >>