人気ブログランキング |

DTB流星の双子 第3話「氷原に消える…」感想

今回は画像はなしでございます。
が、今回の展開はかなりすごかった。
やっぱりDTBはおもろい!と感じさせる展開でしたねぇ。

でも感想は稚拙です。
例の如く。

しかも諸事情があってリアルタイムで見れてません。
それもどうなんだか…。愛はあるんですよ、愛は…。

ネタバレがっちりありますのでご了承下さいませ。






・前回の予告編での美咲さんの謎の台詞がなんだったのかがわかった回。
SATAKEの望遠鏡で(BK201の)星を見る未咲さん。
「BK201が消えた…!?」と言います。
ここで重要なのは流れたのではなくて消えたというところですね。

・シュレイダー博士が発明した機械の罠にはまっちゃった黒さん
その場に一緒にいた、蘇芳の持ってる流星核のおかげでその装置は停止しちゃいます。
そして「逃げろ」という言葉に反応するようにちょっとためらって、黒に抱きついて氷の海の中へ…。
おい!寒くて死んじまうよ〜という心配は無用でした。
心配してる間に鎮目さんにトドメを刺されるオーガスト7ですが、能力が「マジシャン」なんであれはダミーって可能性もあって後々復活…なんてこともあり得るかなぁとちょっと思ったりもして。

・隠れ家へ黒を運んできた蘇芳。
ずっとその間黒さんは意識を失ってたんだろうから、蘇芳も運ぶの大変だっただろうなぁ。
海から引き上げるのだけでも相当大変だと思うが…。
そして二人の服を暖炉の前で乾かしてるんですが、また黒さんは銀との別れ?とおぼしき夢を見てます。
そして寝言で「銀…」と呟いたのを認めて、蘇芳がそろりと近づくんですが…

・覚醒したと思ったら馬乗りって…あんたどんだけドSなんじゃい!
しかも二人とも恐らく全裸いや多分上は着てないことは確認済みだ。
そういえば黒が脱いだシーンってそういや1期の時じゃ意外なことに一回もなかったんですよね。
(代わりにワイシャツは第2ボタンまで開けるというこだわりがありましたが(笑))
そしたらまぁ、予想はしたことですけど、黒さんの体傷だらけですね。
ああ、やっぱり…と思うのも束の間、助けてもらったのに蘇芳を監禁。
そして蘇芳が「お前は恋人だって家族だって殺すんだ」的な発言に思いっきり張り手をかます黒…。
ああ、ハヴォックの時に指折ったのを思い出してしまった…。
だけど子供相手にちったぁ大人になってくれ、すごい衝撃的な事実がそこにあろうとも…。
とも思ってしまった私。
そしてあれ、どこからか猫の声が!!
生き物に憑移するわけだから…。あれしかないですよね。

・三号機関の人たち。
今回この三人組が前回のノーベンバー達MI6的な役割を担う感じになるんでしょうかね。
ちょっとしたギャグ部分担当のような気もします。
鎮目さんの対価はお灸なのね。
それにしても変態からなにから色物ぞろいだ…。

・そして蘇芳の携帯が鳴ります。
それを問答無用で携帯を割る黒さん。
というか、なんで電撃の能力使わないの?とも思ったんですが、そのことはすぐわかります。
電話はニカから。
ターニャと偶然街で出会い、蘇芳に連絡をとってみたようでした。
でもこれもターニャの裏にいるFSBの作戦。
蘇芳はまだ出国していない、とわかって逆探知。
1話で蘇芳が買った母が撮った東京の写真集に挟まれた紫苑からのメッセージ。
池袋のページに挟まれたクジラの折り紙には「ここで待ってる(←多分)」的なメッセージが。
そして黒さんの「日本へ行きたいか…連れてってやる」
ということで駅へ向かいます。

・がそんなに甘くはありません。
というかこの黒さんのファッション。すごいな。
以前の服装はいかにもカーキのジャケット?みたいな印象があったから、今回の紫のぱきっとした色が目に眩しい…。
しかももうおっさんライクな風袋だから余計にただのオヤジに見える…(そこが狙いか!?)
そして駅へ向かう途中で、何あれ?と観測霊に気付く蘇芳。
「気にするな、相手に気取られる」と言いつつ、あれは契約者にしか見えないはず…。
とちょっとハッとしてますよね。

・そして列車に乗ろうと乱闘するんですが…。
蘇芳に逃げるように指示する黒。
「猫、お前に任せた」
といって出て来たのがペーチャ!
猫はペーチャに憑移してたんですね。
「お嬢ちゃん、ついてきな!」
とあの猫の声が〜!!
なんか嬉しくなっちゃうのも束の間。
黒さんお得意のワイヤー電撃アクションが…と思いきや電撃が出ない!
彼は契約者ではなくなっちゃったんですね。
うおー。黒が銃撃戦やるっていうのもなんかびっくらだな。
というか、黒が能力を失ってたっていうのはもうちっと前から気付いてたりしたんだろうか。
あ、というか1期で銃を持ってなかったのは日本だからなのかな。
そして登場、ターニャ。
紫苑の場所を聞き出そうとします。
そしてターニャを止めようとするニカ…。なんてむごい死に方…。これトラウマになりますよ…。
そして何かがぶち切れてしまう蘇芳。

・ドール達がそれに反応します。
マダムオレイユと一緒に車に乗る金髪巻き髪のドール二人。
なんかブラクラのヘンゼルとグレーテルを思い出したのは私だけでしょうか…。
そしてジュライ。
「はじまるね、おわりが…はじまるね」
って1期で星見さまが言ってたのと同じじゃないですか。
第2次トーキョーエクスプロージョンが起ころうとしてるんでしょうか。

・「契約者なんて…みんな死んでしまえばいい!!」
そして蘇芳が契約者として目覚めてしまいます。
どこからか現れたロングライフル。
それをジュライの指示によって、ぶちかます蘇芳。
目は色を失って、三白眼になってますね。
そして三号機関の二人を狙って撃った後(二人とも当たりませんでした)
倒れているターニャを狙いますが、蘇芳の目からは涙が…。
そして引き金を弾こうとした蘇芳のライフルを押さえ、無言で撃つなという黒。
ああ、黒さんのこういう優しさに騙されちゃうんですよね。いや、私も騙された(汗)
そして、「魔砲ライフル」(笑)は消え、倒れ込む蘇芳を抱えて
ジュライを新たに仲間に加えた黒さんチーム。
随分とチームの平均年齢さがったなー。
というかなんかもう黒さん保護者っていうよりも、なんか怪しいおっさんにしか見えん。
誘拐犯かなんかだぞ、完璧(笑)

・そして一方パリ。
マダムオレイユとジョン・スミス(CIA)が何か取引してますね。
多分、黒がCIAを裏切って単独で行動に出たから…ということなんでしょうが、マダムオレイユはどこの組織の人なのか…。
猫が女が雇い主、と言ってた辺り、マダムオレイユが猫の雇い主…ということもあるのだろうか…。
いや、でも「お前と同じ」と黒に言ってたから、実は黒はマダムオレイユがCIAに送り込んだスパイなのか?

・そして八丈島
いろいろあって、未咲さんは左遷されてたんですね。
BK201の星が消えたことが気になって仕方ない未咲さん。
斎藤さんに連絡します、契約者絡みの情報は出せないこと、そしてまだBK201にこだわっている未咲のことを指摘します。
そこへ急な客が…。
総務省の小林登場。
三号機関は日本のお国が抱えてる裏の組織みたいですね。
ということはあの三人は日本の組織で、シュレイダー博士もそこに協力している…と考えていいのだろうか。
未咲さんは黒を追うために三号機関に入りそうな感じの流れですね…。

・そして船の中。
また酒飲んだくれてるよ、黒さん…。
今度は瓶ごと…。ホントどこの飲んだくれのオヤジだよ〜。でもそうやってるのが監督の狙いか!狙いなのか!?
黒はイケメンじゃないって設定だものね…ホントは…。
「飲み過ぎじゃないのか?」とペーチャが喋ると、ホントシュールだ…。猫の方がまだ違和感ないような気がする…。
それに対して、「余計なお世話だ…」と返す黒。
「黒、銀のやつはどうした?」
と視聴者が一番ききたかったことをついにきいてくれたよ猫〜!!!!
それに対して、
「俺は銀を…あの女を殺す」
ってえええええええええ!!!!!
どういうこっちゃねん。
アンバーといい、なんというか黒にとって大切な女性はそういう方向性になっちゃうってことなんですか?
というか、それは考え方が変わっちゃったからなの?とか
憎いとかそういうこと抜きにして殺さないと世界が滅んじゃう様なそんな展開になってるんですか?
とか、もー、今回面白すぎます。
どういやっても黒は銀を殺せないくらい、想ってるはずなんだけどね、夢でうなされて寝言まで言っちゃうくらいなんだから…。

・そして蘇芳の対価は…
折り紙みたいですね。
そのうち千羽鶴にでもなるんだろうか。

・そして次回予告
怪しいおかまちゃんが出てきますね。
一瞬ガイが転職したのかと思ったんですが…どうやら違うみたいですね。
あー、次回も楽しみだ。
なんか日本縦断みたいな感じで、もしかして東京にたどり着けるのって最終回辺りとかそういう話の展開だったりするんですかね?
プチロードムービーだよ(笑)

・今回気になった点。
黒の能力って復活するの?
まぁ、ワイヤーアクションしても、あの南米での必殺仕事人的な感じで戦うのか…。
それはちょっと…どうなんだろう…。
1期でも契約者の能力を失った者は喪失者としてハヴォックの例がありますが、今回はそれとはまた違うものということなんでしょうか。
漆黒の花で普通の人がゲート内物質によって契約者になるという流れもあったりするようなんで、その逆パターンということなんだろうか…。
シュレイダー博士は、契約者を排除することなく、普通の人間に戻す方法…みたいなのを研究してくれればいいのにと思う。
流星核によってそれが可能かも?って可能性もなくはないのかなぁ。なんとなく黒の能力が流星核に吸い込まれたようにも感じたので。
黒さん、肩にペーチャをのせる様はナウシカかまたは母を訊ねて三千里のマルコか…。
いや、それにしてもおっさん過ぎるか…(笑)
日本へ帰ったらちったぁ小綺麗にしないとホント不審者として通報されますよ、子供二人も連れてて…。

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

そんなどうでもいいような黒さんおっさん化についてつらつらと考えてしまった私にクリックお願いします。
毎日0時更新目標ですが…最近ややしんどい…。ですが、頑張ります!
by rui-hadsuki | 2009-10-28 01:49 | animation | Comments(2)
Commented by sherry at 2009-12-04 21:04 x
あれ・・・シュレイダー博士の機械から逃れてくるシーンの記憶がない・・・。
しかも傷だらけの黒のはだかも見た記憶がないぞ・・・。
そのあとの話は覚えてるのに、なんでだろう~????
もう一度、3話目を見直さなくてわっ!

ターニャの能力は何度見てもぞぞぞ~っとします~。

こうやって見ると↑、3話目って内容が濃いですよね~。
Commented by rui-hadsuki at 2009-12-08 14:51
sherryさん
対契約者装置から逃れて海に飛び込むシーンはかなり序盤のほうだったので、もしかしたらAパートが抜けてる可能性もありますので、もう一度ご覧になられることをオススメします。
ターニャの能力は…。ぞっとしますねぇ。
ロシアでGが出るのか?という疑問もありますが…。
<< コミックス発売予定とか〜おお振... 『Darker than Bl... >>