『へばの』を観る

b0065128_12382346.jpg『へばの』を観る。

もう一週間以上前くらいに観たんですが、感想遅くなりました。
ポレポレに行くのは久しぶりです。

えー、ストーリーは平たく言えば
青森県六ヶ所村を舞台に描かれる恋愛物語です。

えーいつものようにネタバレありますよ。
あんまり大した感想じゃないんですが…(汗)




・青森が舞台
いや、なんというかぶっちゃけ青森でロケをしたかっただけなんじゃないかっていう…。
私の出身も方言がないわけではないんですが、
比にならないくらい、何を言ってるかわからないんです(汗)
方言使われてるなーというのでは青山真治の北九州三部作なんかもそうなんだと思うんですけど、
南の方の方言より、北の方言の方が、よりわかりづらいかなぁというのが、個人的に思うところであったりします。
方言つながりだと、土田世紀の『俺節』が確か主人公が青森の津軽出身だったので、ちょっと似てるところがあるかなぁと思ったり。
でも、青森でも地域によって方言も違ってくるらしいので何ともいえないのですが。
最後まで「へばの」の意味があんまりわかってなかった私は…。

・「愛」なんですな
なんというか、こういう感じの恋愛物語を久しぶりに観たなぁ。
なんで主人公殺されちゃったの?とか
その細胞からプルトニウムとって東京にばらまいたやつがいるんだよね(多分)とか。
いろんな疑問はあるのかもしれないですけど、
結論として、子供が残ったということで、何かを残せたよ。
「愛」がちゃんと形になったよ、ということなんでしょうかね。

・正直なところ
これって、時間半分くらいでも収まるよなぁと思ったり…。うん。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

そんな感じで、久しぶりに恋愛映画をみたなー、という感じの私にクリックお願いします!
[PR]
by rui-hadsuki | 2009-03-15 18:10 | movie
<< リンパマッサージをしてみたよ 山岸涼子『アラベスク』を読む >>