2013年8月に読んだ本とか観た映画とか

8月は暑さで夏バテしたのか極端に読書の数が減りました。
実家に帰っていたというのもあるとも思うんですが…。
久々にまた高村さんの本を手に取る。
「黄金を抱いて翔べ」
やはり面白いなぁ。井筒監督の映画も観たい。
映画といえば、実家の映画館で「パシフィック・リム」を観ました。
個人的にはエンターテイメントとして非常に楽しめた作品だった。
なんで肉弾戦ばっかで砲撃すれば一発やんと思うんだけど、それだと多分特撮の醍醐味がないのだろう。

あとはなんだか実家に帰って色々と考えることがあって鬱々としていたというのもあるんでしょうか。
私には姪と甥が3人いるんですが、一番下の姪が長距離走が得意で色々大会にも出ていたりしたんですが、近頃塾に通い始めたようで、そういえば陸上は最近やってるの?という話をしたら
「一番になれないからやめた」
と答えられて正直ものすごく戸惑ってしまった。
そうか、彼女は楽しくてやっていたんじゃなくて、一番になるためにやっていたのか…となんだか複雑な気持ちになってしまった。
そういう風に彼女が思考する為の土台は彼女の姉がアスリートなので十二分にあるんだとは思うんですが、一番になることに大きな価値を見出す生き方は今後生きていくのがすごく辛いだろうなぁ…と思わずにはいられなかった。
半年前までは私の友人と一緒にボードゲームで遊んだりとかしても上手に会話をして楽しんでいたのに、今では負けたり気にそぐわないことがあると癇癪を起こして泣いてしまったり…。
因に彼女はまだ小学4年生でまだまだ甘えたい盛りなんだけれど、母親(私の姉)が長女につきっきりで余り家にいないというのもあるんだろうなぁと思う。
子供の養育費に関しては想像できないほどお金をかけてるなぁと思うんで、そういう教育方針なんだと割切ればなんてことないのかもしれない。
ただ私はほぼ正反対の生き方をして大人になったと思ってるので、自分はあんな大人にはなっちゃいけないという代名詞みたいなもんだろうとか思うと姪や甥を夏休みに遊びに誘ったりとか正直姉の手前すごく気を遣うような気分になって落ち込んでしまった。
考えすぎなのかもしれないけれど、実家で姉に顔を合わせるのはちょっと後ろめたい気持ちになる。
姉と私は全く性格も能力も違っていたのでそのことで姉は色々と私に対して複雑な気持ちを持っていたのかもしれないとも思う。
兄弟って今更ながらかもしれないけどなかなか難しいなと思った夏なのでした。

ruih0815の本棚 - 2013年08月 (5作品)
powered by booklog

[PR]
by rui-hadsuki | 2013-09-13 16:38 | diary
<< 2013年9月に読んだ本とか観... 2013年7月に読んだ本とか観... >>