2013年12月に読んだ本とか観た映画とか

12月は結構沢山意識して本を読んだ月でした。
色々と周りではクリスマスだの正月だのと色々な行事もあって…という感じですが、個人的にはそういったものとは無縁の12月でした。
でも自分で想定していたよりも、久しぶりに会う友人も多くて色々あったなぁという感じでした。

印象に残ったのはやはり高村さんの「冷血」
こう、どうして目を背けたいと思うようなことを正面から描けるんだろう、これは多分生きていく中で必ずしも見なくてもいい部分なのかもしれないという闇や弱者といったものに向き合おうという姿勢がものすごく伝わってくるんだよなぁ。

あと漫画ではディメンションWが面白かった。
DTBっぽい雰囲気がめちゃくちゃあるなぁ。
キャラクターも歌舞いてるし、こういろんな組織が一つのものに絡んでいく感じが個人的には好きだ。
それからpetsを読んで随分とBL的(というかやおいか)な話だなぁと思っていたら三宅さんて女性なんですね。絵柄からはあまり想像がつきませんでしたが中身で納得。
人と人との繊細な感情の機微みたいなものを上手に表現できるのって女性作家が多いなと思うんですが、なんでなんだろう。

字数制限に引っかかったので今回はリンクのみです。

ruih0815の本棚
http://booklog.jp/users/ruih0815
2013年12月 (40作品)

■太陽を曳く馬〈上〉
著者:高村薫
読了日:12月11日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4103784067

■太陽を曳く馬〈下〉
著者:高村薫
読了日:12月11日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4103784075

■きのう何食べた?(8)限定版 (プレミアムKC)
著者:よしながふみ
読了日:12月11日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4063622673

■天地明察(上) (角川文庫)
著者:冲方丁
読了日:12月11日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4041003180

■天地明察(下) (角川文庫)
著者:冲方丁
読了日:12月11日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4041002923

■二流小説家 〔ハヤカワ・ミステリ文庫〕
著者:デイヴィッド・ゴードン
読了日:12月11日 評価:2
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4151795014

■心霊探偵八雲 ANOTHER FILES いつわりの樹 (角川文庫)
著者:神永学
読了日:12月16日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4041009111

■クレイマー、クレイマー コレクターズ・エディション  [DVD]
著者:
読了日:12月16日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/B004E2YUS8

■黄金を抱いて翔べ スタンダード・エディション [DVD]
著者:
読了日:12月16日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/B00B17HZX6

■冷血(上)
著者:高村薫
読了日:12月18日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4620107891

■冷血(下)
著者:高村薫
読了日:12月18日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4620107905

■シュトヘル 8 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
著者:伊藤悠
読了日:12月19日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4091854478

■大奥 10 (ジェッツコミックス)
著者:よしながふみ
読了日:12月19日 評価:5
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4592143108

■大東京トイボックスSP (バーズコミックス)
著者:うめ
読了日:12月19日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4344829123

■3月のライオン 9 (ジェッツコミックス)
著者:羽海野チカ
読了日:12月19日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4592145194

■ディメンションW (4) (ヤングガンガンコミックススーパー)
著者:岩原裕二
読了日:12月20日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4757539916

■ディメンションW(3) (ヤングガンガンコミックススーパー) (ヤングガンガンコミックスSUPER)
著者:岩原裕二
読了日:12月20日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4757538669

■ディメンションW(2) (ヤングガンガンコミックス)
著者:岩原裕二
読了日:12月20日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4757536763

■ディメンションW(1) (ヤングガンガンコミックス)
著者:岩原裕二
読了日:12月20日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4757535759

■サカサマのパテマ another side (ビッグガンガンコミックス)
著者:
読了日:12月21日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4757541066

■ペット リマスター・エディション 5 (BEAM COMIX)
著者:三宅乱丈
読了日:12月21日 評価:4
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4047262781

■ペット リマスター・エディション 4 (BEAM COMIX)
著者:三宅乱丈
読了日:12月21日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4047262102

■ペット リマスター・エディション 3 (BEAM COMIX)
著者:三宅乱丈
読了日:12月21日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4047261262

■ペット リマスター・エディション 2 (BEAM COMIX)
著者:三宅乱丈
読了日:12月21日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4047260894

■ペット リマスター・エディション 1 (BEAM COMIX)
著者:三宅乱丈
読了日:12月21日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4047260886

■アウターゾーン 第1巻 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4088713958

■アウターゾーン 第2巻 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4088713966

■アウターゾーン 第3巻 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4088713974

■アウターゾーン 第4巻 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4088713982

■アウターゾーン 第5巻 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4088713990

■アウターゾーン 第6巻 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4088714008

■アウターゾーン 7 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4088714431

■アウターゾーン 8 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/408871444X

■アウターゾーン 9 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4088714458

■アウターゾーン 10 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4088714466

■アウターゾーン 11 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4088714474

■アウターゾーン 12 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4088714482

■アウターゾーン 13 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4088714490

■アウターゾーン 14 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4088714504

■アウターゾーン 15 (ジャンプコミックス)
著者:光原伸
読了日:12月25日 評価:3
http://booklog.jp/users/ruih0815/archives/1/4088718267

powered by booklog
[PR]
# by rui-hadsuki | 2014-01-07 09:29 | diary

2013年11月に読んだ本とか観た映画とか

漫画中心だった読書記録。
というか11月は読書ではなくて裁縫をよくしていたので読書の時間があんまりとれなかったのもあります。
というか映画を観てないので年末年始辺りは撮りためてある映画をぼちぼち観ようかなとも思います。

ruih0815の本棚 - 2013年11月 (8作品)
新リア王 上
高村薫
読了日:11月19日
評価3

新リア王 下
高村薫
読了日:11月19日
評価4

powered by booklog

[PR]
# by rui-hadsuki | 2013-12-18 23:25 | diary

2013年10月に読んだ本とか観た映画とか

八雲シリーズを中心に読んだ月でした。
個人的にいろいろ考えてしまったのは「桐島」でしょうか。
スクールカーストの話だけど、どんどんこれからもひどくなっていくようなそんな予感しかしない。

ruih0815の本棚 - 2013年10月 (11作品)
powered by booklog

[PR]
# by rui-hadsuki | 2013-12-18 23:21 | diary

2013年9月に読んだ本とか観た映画とか

随分とブログを更新しないまま年が明けてしまいそうなので、
取り急ぎアップします。
この中で印象に残ったのは『魔王』です。
じわじわと広がる違和感のようなもの、これって身近にあるものだったりするからこそ怖いと思う。
あと『愛すべき娘たち』これは妙齢の女性であれば絶対に必読だと思う。
男性が読んでも「わかる」と思うけれど、女性の方がより共感できる部分は多々あると思う。
個人的には最終的にシスターになってしまった彼女の話が一番重くのしかかってきたかな…。

ruih0815の本棚 - 2013年09月 (12作品)
千年王子
長野まゆみ
読了日:09月03日
評価3

メルカトル
長野まゆみ
読了日:09月13日
評価4

powered by booklog

[PR]
# by rui-hadsuki | 2013-12-18 23:18 | diary

2013年8月に読んだ本とか観た映画とか

8月は暑さで夏バテしたのか極端に読書の数が減りました。
実家に帰っていたというのもあるとも思うんですが…。
久々にまた高村さんの本を手に取る。
「黄金を抱いて翔べ」
やはり面白いなぁ。井筒監督の映画も観たい。
映画といえば、実家の映画館で「パシフィック・リム」を観ました。
個人的にはエンターテイメントとして非常に楽しめた作品だった。
なんで肉弾戦ばっかで砲撃すれば一発やんと思うんだけど、それだと多分特撮の醍醐味がないのだろう。

あとはなんだか実家に帰って色々と考えることがあって鬱々としていたというのもあるんでしょうか。
私には姪と甥が3人いるんですが、一番下の姪が長距離走が得意で色々大会にも出ていたりしたんですが、近頃塾に通い始めたようで、そういえば陸上は最近やってるの?という話をしたら
「一番になれないからやめた」
と答えられて正直ものすごく戸惑ってしまった。
そうか、彼女は楽しくてやっていたんじゃなくて、一番になるためにやっていたのか…となんだか複雑な気持ちになってしまった。
そういう風に彼女が思考する為の土台は彼女の姉がアスリートなので十二分にあるんだとは思うんですが、一番になることに大きな価値を見出す生き方は今後生きていくのがすごく辛いだろうなぁ…と思わずにはいられなかった。
半年前までは私の友人と一緒にボードゲームで遊んだりとかしても上手に会話をして楽しんでいたのに、今では負けたり気にそぐわないことがあると癇癪を起こして泣いてしまったり…。
因に彼女はまだ小学4年生でまだまだ甘えたい盛りなんだけれど、母親(私の姉)が長女につきっきりで余り家にいないというのもあるんだろうなぁと思う。
子供の養育費に関しては想像できないほどお金をかけてるなぁと思うんで、そういう教育方針なんだと割切ればなんてことないのかもしれない。
ただ私はほぼ正反対の生き方をして大人になったと思ってるので、自分はあんな大人にはなっちゃいけないという代名詞みたいなもんだろうとか思うと姪や甥を夏休みに遊びに誘ったりとか正直姉の手前すごく気を遣うような気分になって落ち込んでしまった。
考えすぎなのかもしれないけれど、実家で姉に顔を合わせるのはちょっと後ろめたい気持ちになる。
姉と私は全く性格も能力も違っていたのでそのことで姉は色々と私に対して複雑な気持ちを持っていたのかもしれないとも思う。
兄弟って今更ながらかもしれないけどなかなか難しいなと思った夏なのでした。

ruih0815の本棚 - 2013年08月 (5作品)
powered by booklog

[PR]
# by rui-hadsuki | 2013-09-13 16:38 | diary

2013年7月に読んだ本とか観た映画とか

7月は案の定ツールドフランスの為あんまり読書量は増えませんでした…。
それにしても今年のツールは面白かった…。
去年のツールなんてまるで覚えてないよ!っていうくらい面白かった…。
第1ステージのバスがゴールゲートにゴスった事件から始まり…。
スプリントのステージも総合争いも新人賞も山岳賞もどれもがみどころたっぷりな感じの3週間だった…。

ということで7月に読んだもので特に面白かったもの。
よしながさんの対談集。
女の人って未だに「生きづらい」世の中だと思うんですが、その中での自分の立ち位置というかそういうものを再確認できたようなそんな一冊だった。
余り漫画を読んでこなかった人にはピンと来ないような単語の羅列ばかりで雰囲気を掴むのが大変かもなぁというのもあるのですが、ある程度「漫画史」を理解している人であればプラスαでかなり楽しめるのではないかと。

タイラー・ハミルトンの「シークレットレース」
ツールも始まるしね…これは読んでおかないと…と思って手に取った一冊。
ドーピングはダメだよねって言ってるだけでは多分なんも変わっていかない。そんなことを一人のライダーの半生を通して正に浮き彫りにされたと感じた一冊。
個人的には「たかが自転車レースじゃないか」という言葉をタイラーにかけた選手がいるけど、
何か巨大な力みたいな物が働いて(それはレース関係者かもしれないし、観ている観客の過剰な期待みたいなものもあるのかもしれない)人を人でなくしてしまうようなそんな瞬間が描かれているのが非常に切なかった。

伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」
映画もみたけど、原作も面白かった。
原作のほうがより監視社会というのを意識しているのでよりSFっぽい感じがする。
結構厚みがあるけれど、一気に読んでしまった。
謎が解決されるのが本題じゃないというのがミソだと思う。

ruih0815の本棚 - 2013年07月 (13作品)
powered by booklog

[PR]
# by rui-hadsuki | 2013-08-08 16:56 | diary

2013年6月に読んだ本とか観た映画とか

6月は沢山読んだようで、そうでもなかったような。
積読本から有川さんの本を中心に結構な数を読みましたが、
正直もうお腹いっぱい…というのが個人的な感想です。
なんだろう、読んでいて主張が激しいのでとても胃がもたれる感じがしました。
勧善懲悪な話って読んでスカっとするという方もいると思うんですが、
私は胃もたれする感じなんです。こってりこてこてとでもいうんでしょうか。
まぁこれも好みということなんでしょう。

個人的に面白かったのは「軍靴のバルツァー」
ミリタリオタはもちろんのこと、戦略的な部分での駆け引きが面白い。
主人公のバルツァーの軍人(リーマン)としての行動の素晴らしさといったら…。
キャラクター的にもかなりツボなのでこれからの展開も楽しみ。
映画は伊坂幸太郎原作の作品はどれも面白かった。
原作の方は読んでいないので、ぼちぼち時間を作って読もうかと思います。

7月は待ちに待ったツールドフランス100回大会なので、読書はしますが、映画は観る本数は少なくなるかもです。

ruih0815の本棚 - 2013年06月 (25作品)
塩の街
有川浩
読了日:06月07日
{book['rank']

空の中
有川浩
読了日:06月11日
{book['rank']

阪急電車
有川浩
読了日:06月17日
{book['rank']

海の底
有川浩
読了日:06月17日
{book['rank']

レインツリーの国
有川浩
読了日:06月18日
{book['rank']

ラブコメ今昔
有川浩
読了日:06月19日
{book['rank']

三匹のおっさん
有川浩
読了日:06月21日
{book['rank']

ミルク [DVD]
読了日:06月21日
{book['rank']

powered by booklog

[PR]
# by rui-hadsuki | 2013-07-02 14:15 | diary

2013年5月に読んだ本とか観た映画とか

今月はジロデイタリアがあったため、あんまり本も読めなかったし、映画も観れませんでしたね…。
ジロは例年と比較すると異常なくらいの異常気象で、第19ステージは悪天候(吹雪)で中止とか。
うーん、どうなっちゃうの…。
という中、ニバリがイタリアの意地というか、王者の風格を見せつける感じでマリアローザを守り抜きました。
あとコロンビア勢の活躍が光るレースだったので今後に注目という感じかしら。

それから5月は「探偵はBARにいる2」を映画館で観てきましたが、期待値が高過ぎたのか…。
正直、前作の方がおもしろかったです。
とって付けたような濡れ場なんかいらんし、あとヒロインが…正直誰?という感じだった。
ヒロインに魅力を感じないって結構観てる方としては辛い…。

アニメ一気鑑賞は「青の祓魔師」を観ました。
原作は途中までしか読んでないのですが、個人的には面白かったです。
岡村天斎監督はなんというかこう…。表現がねちっこいですな。
奥村兄弟の描写がね…「雪男!」「兄さん!」って…わかったから…。
最後はネバーエンディングストーリーかなという感じで、猫とか動物使うのずるい。

ruih0815の本棚 - 2013年05月 (17作品)
Story Seller (新潮文庫)
読了日:05月02日
{book['rank']

少年と自転車 [DVD]
読了日:05月02日
{book['rank']

333のテッペン
佐藤友哉
読了日:05月10日
{book['rank']

45°
長野まゆみ
読了日:05月14日
{book['rank']

タンポポ [DVD]
読了日:05月30日
{book['rank']

powered by booklog

[PR]
# by rui-hadsuki | 2013-06-03 08:26 | diary

2013年4月に読んだ本とか観た映画とか

4月ももりもり読書もしましたし、映画も結構観ました。
映画で特に印象に残ってるのは、「ものすごくうるさくて、ありあえないほど近い」でしょうか。
9.11後のアメリカで、どうやって人々が心の整理をつけていったのかというのがよくわかる。
月並みな言葉だけど、家族の愛情を深く感じる話だった。
本のオススメは恩田陸さんの「夜のピクニック」
言わずもがなの名作なんだと思うんですが、人の心の動きを丁寧に描いていて、読後に胸に満ちてくるものが暖かく豊かな作品だった。
あと近藤史恵さんの新刊「キアズマ」
「サクリファイス」シリーズの待ちに待った最新刊。
舞台を大学の自転車部にうつし、主人公も交代したけど、純粋な青春小説として眩しいくらいだった。
ミステリの要素は欠片もなくなってしまったけど、これはこれで面白かった。
カッと熱くなるのではなくて、ふつふつと低いところで沸騰してるような感じの感情の描き方が個人的には好みです。
漫画は若き靴職人のお話、えすとえむさんの「IPPO」はいい話だった。
一話完結ものだからこれからも長く連載してほしい。
そんなところでしょうか。
5月は高村薫さんの「晴子情歌」の文庫を図書館で一番に予約したので、それを読むのが今から楽しみです。
早く本が届かないかな~。
あ、それと読書とは関係ないのですが、GWは自転車乗ります。
久しぶりのツーリングなので、今から楽しみ…という一方、体力的に大丈夫なのか…というのが非常に心配です。

ruih0815の本棚 - 2013年04月 (30作品)
家族ゲーム [DVD]
読了日:04月03日
{book['rank']

アウトレイジ [DVD]
読了日:04月04日
{book['rank']

12人の優しい日本人 [DVD]
読了日:04月04日
{book['rank']

わが手に拳銃を
高村薫
読了日:04月05日
{book['rank']

トータル・リコール [DVD]
読了日:04月08日
{book['rank']

プラチナタウン [DVD]
読了日:04月13日
{book['rank']

はやぶさ/HAYABUSA [DVD]
読了日:04月19日
{book['rank']

宇宙人ポール [DVD]
読了日:04月25日
{book['rank']

キアズマ
近藤史恵
読了日:04月26日
{book['rank']

トイ・ストーリー [DVD]
読了日:04月29日
{book['rank']

powered by booklog

[PR]
# by rui-hadsuki | 2013-05-01 10:23 | diary

『新世界より』を観る

『新世界より』
原作の小説は日本SF大賞もとった作品ですね。
原作は未読なんですが、近いうちに読もうと思います。

放送前は結構話題だったなぁと思ったのに、放送終了時くらいにはとんと話題に出てこなくなってしまっていて
正直観るのが怖かったのですが…。
結論としては原作未読ですがとても楽しめる内容だったと思います。
アニメとして観るとかなり作画があれな感じで、一瞬同一人物なのかこれというくらい崩れまくってたりとか、
のっぺりしてたりとかそういうこともあって気分が萎えたという部分もあるのですが、(パッケージにする時点では修正されるんだとは思いますが…)
物語としての展開とか、いかに絵を動かさなくても雰囲気のある映像にするかとかそういう部分の演出などは個人的にはよかったと思います(なんか偉そうですみません…)

ということで、以下がっつりネタバレありますのでそれでもよろしい方はどうぞ。

→これって格差社会の話だよね
[PR]
# by rui-hadsuki | 2013-04-24 11:19 | animation

『PSYCHO-PASS』を観る

アニメを観るときは、とりあえず録画だけしておいて後からまとめて観る派だったりします。
なので、サイコパスも最近やっと一気鑑賞したのですが、ひじょーに面白かった!!!

個人的には2012年度に観たアニメの中でもかなり面白かったと思う。

以下感想など、ネタバレ含むと思いますので閲覧注意です。

→テーマが一貫してるって重要だよ!!
[PR]
# by rui-hadsuki | 2013-04-08 13:01 | animation

2013年3月に読んだ本とか観た映画とか

3月はあんまり本を読みませんでした。
ほぼ毎日読んではいたのですが、WOWOWを契約したおかげと
(レディ・ジョーカーがどうしても観たくて2ヶ月だけ契約することにしました…)
スカパーで今月は契約して二年のアニバーサリーでスターチャンネルを無料で観れたというおかげで、
ものすごい勢いで映画を観ました。
半ばHDがいっぱいになってしまうのでそれを頑張って消化するためにも観たというのもあるけど、
微妙なものもあったけど、思わぬ発見もあってかなり楽しめました。
個人的オススメは鴉でしょうか。
特撮の雰囲気を短い間で楽しむには最適な気がする。
読書は相変わらず高村さんの作品を読んでます。

ruih0815の本棚 - 2013年03月 (23作品)
野川
長野まゆみ
読了日:03月06日
{book['rank']

マイティ・ソー [DVD]
読了日:03月14日
{book['rank']

照柿
高村薫
読了日:03月17日
{book['rank']

李歐 (講談社文庫)
高村薫
読了日:03月28日
{book['rank']

アジャストメント [DVD]
読了日:03月29日
{book['rank']

TIME/タイム [DVD]
読了日:03月29日
{book['rank']

powered by booklog

[PR]
# by rui-hadsuki | 2013-04-02 02:18 | diary